通常のいわゆる ジオラマ 情景作品 です。

ベースの上に広がる世界は小さくて大きい。

360°どこからでも楽しむことができます。

 

 

 

スライドショーが始まらないときはブラウザの更新ボタンをクリックしてみてください。

Villers-Bocage                        1/35スケール

1944年6月6日ノルマンディーに上陸した連合軍は物量にまかせ続々進軍を続ける。

6月13日、英第七機甲師団が戦線を突破、独戦車教導師団の背後を狙い廻り込んできた。

この地ヴィレルボカージュに到着したSS101重戦車大隊第二中隊のミヒャエルヴィットマン中尉はこの動きを察知し、単身偵察状況確認のちその先遣大隊を撃破、包囲壊滅の危機を回避することに成功する。

 

ティーガーの騎士ミヒャエルヴィットマンの名を決定的に知らしめたヴィレルボカージュ市街戦、その功績により剣付柏葉騎士十字章を授けられることになる。

 

 

 

 

Desert Fox                           1/35スケール

マスターモデラーズ誌 Vol.4   掲載作品

 

北アフリカで危機的状況に陥っていたイタリア軍を救うべく、1941年2月14日、ドイツ軍はトリポリに到着。

この時から北アフリカは、ドイツ軍vsイギリス軍の戦いの場へと変わっていった。

北アフリカで戦うドイツアフリカ軍団(DAK)を指揮したのが誉れ高き名将、エルヴィン・ロンメル将軍であった。

ロンメルの登場により北アフリカの戦況は一変、彼は数で遥かに勝るイギリス軍を天才的ともいえる戦術で撃破してゆく。

その神出鬼没の戦いぶりから 砂漠の狐 と呼ばれ恐れられた。

ロンメルの勇猛果敢、フェアな戦いぶりは、見方のみならず連合軍の将兵達をも魅了したという。

 

 

 

 

 

KHARKOV1943(ハリコフ1943)               1/35スケール

1942年11月19日に開始されたソ連の冬季攻勢により、スターリングラードは包囲されドイツ軍東部戦線は崩壊の危機にさらされた。

この危機に対しSS第一装甲軍団が派遣される。

司令官ハウサー将軍はヒトラー総統から要衝ハリコフの死守を命じられるも、装甲部隊の無意味な防衛戦闘を回避すべく撤退指令を発した。

追撃するソ連軍の補給線が延びきったところで反撃に転じ、ついにハリコフを奪い返すことになる。

この反撃の大きな力となったSS装甲師団LAH(親衛旗アドルフヒトラー)、フリッツ・ビット大佐の第1連隊は、マイヤー中佐の偵察大隊、パイパー少佐の装甲猟兵大隊とともに雪解けの泥濘をかき分けハリコフ市内に突入する。

 

 

 

 

だがしや                                1/60スケール

ビーダマ、ベーゴマ、風船ガムにニッキと、お~えぇとそれからあ、

メンコとおはじきと、、、あ、そ~うそう。竹とんぼ!

やったわやった。なっつかし~な~。                                     やさしさ紙芝居 より

 

  

 

biohazard                              1/32スケール

生存者を救出するため、我々がこの街に降りたってから2時間、 

わずか2時間が何日にも感じられる。

想像を絶する過酷な惨状に、肉体も精神もボロボロになりながらも、回収ポイントに向かう。

救出すべき対象など一人もいない、動く物はすべて我々を襲ってくるのだ。

たとえ一人になろうとも前に進むしかない、生きるために…

 

 

 

VAMPIRE                              1/35スケール

1945年4月16日、終わりのはじまり。

首都ベルリンにむけてソ連の大攻勢が開始された。

10倍以上の圧倒的な兵力を止める術はない、防衛線は突破され飲み込まれてゆく。

 

ZG1229赤外線暗視装置 通称「バンパイア」

追い込まれたドイツ軍が世界ではじめて実用化したこの装置は、13キロもの重量であったが夜間戦闘を行う事が可能であった。

しかし時すでに遅く、300セットほどが配備されたに過ぎなかったとも言われる…

 

 

 

dead devil                             1/35スケール

マスターモデラーズ誌 Vol.8  掲載作品

 

1944年9月17日、連合軍による マーケットガーデン作戦 が開始された。

イギリス軍モントゴメリー将軍の鶴の一声で発動されたこの作戦は、かつてない程の大規模なもので、空挺部隊と機甲部隊との連携により、一挙にライン川を突破し、ドイツ本土になだれ込むルートを構築するというものだった。

構想そのものは大胆といえるが、実態はモントゴメリーの発案らしい稚拙なものであった。

そのため、同作戦において連合軍は多大な犠牲を強いられるが、

中でも進行ルートの最前線、オランダはアーンヘムにおいて、ドイツ軍SS第9戦車師団と会敵した

ジョン・フロスト中佐率いるイギリス第1空挺師団第2大隊は勇猛果敢に奮闘するも、壊滅的な損害を被ることになる。

イギリス空挺兵 レッド・デビルズ(赤い悪魔)にとって、アーンヘムはまさに死地そのものであった。